ワンルームマンション売却仲介会社BEST5

ワンルームマンションを好条件で売却するためには、やっぱり信頼できる不動産業者選びが重要です。
ここではまず第一に、売却に強く、信頼できるパートナーとなる不動産仲介会社をランキングしてみました。

1位

株式会社FGH

特徴
  • POINT1ワンルームマンションの売却に特化しているため、専門性が高く知識も豊富。
    無料参加の「売却運用セミナー」を定期的に開催
  • POINT2収益還元法でより適切な査定額を出してくれる。
  • POINT3税金処理や確定申告相談など、アフターサポートが充実している。
  • POINT4ワンルームマンションオーナー間で、売却をはじめとした不動産取引について高い評価を得ている。
管理人のコメント画像

管理人のコメント

FGHはワンルームマンションに特化した売却サポート会社。大手の会社と比べても、ワンルームマンションの売却に関する知識が豊富で専門性も高いため、安心してお任せできます。また、正確な査定を行ってくれるため売値が下がらない点や、アフターサポートが充実しているなど、売主の利益に繫がるポイントが多数ありますね。さらに、FGHでは所有物件を今売るべきなのか、数年後に売るべきなのかを計算する(売却運用率と呼んでいるそうです)シミュレーターを提供しています。これは、いままで数値化が難しかった将来の売却利益を、オーナーに分かりやすくする画期的な方法といえます。シミュレーターは、簡単な会員登録をするだけで使えますので、まず試してみてください。

ワンルームマンション売却ならFGHがおすすめ

評価POINT1ワンルームマンション売却に
特化した不動産会社

FGHは、査定価格の根拠や具体的な販売計画など、綿密な情報をもとに売主に利益をもたらすコンサルティング力を持っています。これはワンルームマンション売却に特化した、専門性の高い不動産仲介会社だからこそできることです。

評価POINT2適切な売買価格を提示

FGHでは、物件の査定において収益還元法を使ってより適切な価格を算出してもらえます。収益還元法は、その物件が将来生み出すと予測される収益をもとに計算する方法なので、その物件ごとのより正確な査定額を出すことができます。

単に高く査定してくれる会社の方が良いと考えがちですが、実は自社を選んでもらうために適当な計算法で高い査定額を提示する悪質な会社も。相場より高い額で売りにだせばもちろん買い手はつきませんし、売るためにはどんどん額を下げていく必要があり、物件の価値も下がってしまいます。

また大手企業の場合、売却を受け付ける際にレインズ(不動産売買の登録データ)を参照するだけのところも多いよう。

仲介会社を選ぶ際には、FGHのように、正確な査定をしてくれる会社を選ぶべきだといえます。

評価POINT3直接売買で、取引がスムーズ!

FGHは不動産の問屋的な役割を担っています。そのため、実際に買主のもとに物件が引き渡されるまでに色々な会社を挟む必要がなく、ほぼ直接に近い形での売却が可能なのだそう。迅速な取り引きが可能な他、手数料などの費用面でも嬉しいメリットがありそうです。

これらの点を鑑みて、FGHをワンルームマンションの売却で優れている企業のNo.1に選びました。

評価POINT4「売却運用」の無料セミナー開催

不動産売却運用」に関して、無料セミナーを開催する会社はFGHが唯一です。今まで気付かなかった不動産の本当の価値などを、大手コンサルタント会社と共同開発した 2つの投資指標、「売却運用率」 「リスクパーセンテージ」を用い、運用価値を分析する方法など、不動産売却に役立つ情報を教える無料セミナーを開催しています。

コラム
  • 2021年6月29日 事故物件っていつまで告知するの?
  • 2021年6月21日 新築マンション投資のメリット・デメリットとは?中古との違いも解説
  • 2021年6月21日 不動産投資ローンにおける金利の相場はどのくらい?金融機関別の相場や借り入れ条件も解説
  • 2021年6月19日 異次元金融緩和の終焉は近いか?
  • 2021年6月10日 収益マイホーム「副収入を生み出すマイホーム」
  • 2021年5月30日 不動産投資をするなら「変動」と「固定」どっちがいい?
  • 2021年5月20日 ワンルーム、アパート経営に失敗する動機
  • 2021年5月19日 投資用マンション・不動産の売却のタイミングは?
  • 2021年5月19日 不動産売却にかかる税金について
  • 2021年5月8日 サブリースの怖いワナ!リフォーム費用の水増しが・・・
セミナー
  • 【第140回 売却運用セミナー】2021年7月10日(土)13:00~14:00 (WEB)
  • 【第141回 売却運用セミナー】2021年7月17日(土)13:00~14:00 (WEB)
事例
  • 世田谷区 25.29㎡ 2015年 2200万円
  • 品川区 20.74㎡ 2015年 2413万円
  • 大田区 20.70㎡ 2010年 1690万円
  • 新宿区 18.81㎡ 2000年 1365万円
  • 墨田区 24.57㎡ 2002年 1530万円
  • 目黒区 21.13㎡ 2009年 2120万円
  • 板橋区 26.10㎡ 2006年 1830万円
  • 大田区 25.15㎡ 2008年 2100万円
2位

野村不動産アーバンネット

特徴
  • POINT1簡易査定サービス「ノムコム」を運営。
  • POINT2市場動向に準じた適正売出価格を算出するオリジナル査定書や買取保証サービスなど、独自の取り組みをしている。
  • POINT3インターネットと地域情報網を活かした売却活動を推進。
管理人のコメント画像

管理人のコメント

オンライン無料査定などで、物件の概算価格を知ることができ、便利です。買取保証サービスやつなぎローンサービスなど、買い替え時のサポートが充実していますね。

コラム
  • 共有不動産の売却について
    共有不動産には単独でできることと共有者全員の同意がないと進められないものがあります。今回はなかでも共有不動産の売却に焦点をあてて解説します。 2021年6月22日基礎知識売却
  • 抵当権とは?売却・購入の流れや費用
    抵当権は住宅ローンを利用して不動産を購入した際に設定されるものです。今回は抵当権が設定された不動産の売却・購入の流れや費用について解説していきます。 2021年6月7日抵当権
  • 借地権とは?貸主・借主の視点からメリットやデメリットを解説
    借地権という言葉を聞いたことがあっても実態が分かっていない方も少なくないのではないでしょうか?今回は借地権について貸主・借主双方の視点からメリットやデメリット、注意点などを解説します。 2021年6月7日借地権
  • 不動産登記とは?かかる費用や証明書の取得方法
    登記できる権利にはさまざまありますが、今回は不動産の登記について費用や証明書の取得方法などを解説します。 2021年6月7日不動産登記
セミナー
  • 2021/7/6(火) 【WEBセミナー】「法人化している方」にお勧めする、相続トラブルを防ぐための法人名義の生命保険活用法
  • 2021/7/8(木) 7/9(金) 【WEBセミナー】『アフター5不動産相談会』
  • 2021/7/10(土) 【WEBセミナー】『ファイナンシャルプランナーからみた不動産購入の今 ~得か?損か?~』
  • 2021/7/11(日) 三軒茶屋センター 『~参加費無料~税理士相談会開催!』
  • 2021/7/11(日) 川崎センター『不動産投資を初めて検討される方向け 投資・収益不動産 個別相談会』
事例

公式サイトに情報はありませんでした

3位

三井のリハウス

特徴
  • POINT1売買仲介取扱件数が、27年連続で全国NO.1の実績。
  • POINT2ホームページから無料売却査定ができる。
  • POINT3査定は訪問査定と簡易査定が選べる。
管理人のコメント画像

管理人のコメント

三井のリハウスのブランド力による安心感はピカイチ。仲介物件の取扱件数が多いのは、全国展開しているからでしょう。

コラム
  • 2021/06/24 リロケーションとは?転勤や長期不在で家の処分に悩んだら検討しよう
  • 2021/06/24 住み替えは難しい?流れや費用、住宅ローンを解説
  • 2021/06/24 住み替えローンとは?利用の注意点や手順を解説
  • 2021/06/24 不動産売却を失敗しないために!査定やお金などよくある質問にお答え
  • 2021/06/21 【豊田】クルマで快適、降りて楽しい!古きと新しきが融合する街
セミナー
  • 7月10日 (土) 東陽町センター 個別税務相談会
  • 7月11日 (日) 練馬センター 不動産税務相談会
  • 7月11日 (日) 西葛西センター 無料個別税務相談会
  • 7月11日 (日) 綾瀬センター 個別税務相談会
事例
  • ご購入更新:2020.02.03 矢野真也 様・麻綾 様 ご夫妻
    新しい家族と温かな家。営業担当者の サポートで実現した理想の住まい探し。 ご入籍と同時に「家族の家」を探し始めた矢野真也 様・麻綾 様ご夫婦。通勤しやすくて、子どもの送り迎えがしやすい、そんな環境を求めて地域選びから悩んだそうです。営業担当者と二人三脚で住まい探しをして、イメージ通りの中古マンションを購入されました。
  • ご売却ご購入更新:2020.02.03 松井高俊 様・きよ子 様 ご夫妻
    エリアに特化した売却サポートと熟練した営業担当者のアドバイスで理想的な土地の売買と戸建ての新築が実現。 松井高俊 様・きよ子 様ご夫妻は、長年住んでいた家を手放し、新たに土地を購入して戸建てを新築されました。父親の代から住んでいた土地の売却には勇気がいったうえ、譲れない条件や解決しなければいけない複数の課題があったといいます。多くの問題を見事に解決なさり、現在は息子様ご夫婦、お孫様お2人と一緒に、理想的な家に住まわれています。
4位

住友不動産販売

特徴
  • POINT1全国249店舗のネットワークがある。
  • POINT2契約した物件は、ポータルサイトやチラシなど様々なチャネルを使って販売。
  • POINT3ホームページから無料売却査定ができる。
管理人のコメント画像

管理人のコメント

大手とはいえ、地域密着型不動産仲介ビジネスのスタイルが特徴的です。建物の売却・購入後に、建物の瑕疵の補修費用を住友不動産販売が保証するサービスは、売主・買主ともにメリットあるサポートだと思います。

コラム
  • 2021/04/14 2021年公示地価
  • 2021/03/10 地価動向(地価LOOKレポート)
  • 2020/12/09 地価動向(地価LOOKレポート)
  • 2020/10/14 2020年基準地価
  • 2020/09/09 地価動向(地価LOOKレポート)
  • 2020/07/08 地 価 動 向(路線価)
セミナー
売却に関するセミナーの予定はありませんでした。
事例
  • 担当エリアの不動産価値を熟知しているからこそ、タイミングを逃さず売却に成功
    売却の目的 資産整理 売却物件の種別 マンション
  • 空き家状態の隣地との境界線 登記簿をたどり丁寧な対応で解決
    売却の目的 資産整理 売却物件の種別 土地
  • 同じマンション内で購入と売却を一手に担当して無駄のない住み替えに成功
    売却の目的 住みかえ 売却物件の種別 マンション
5位

大京リアルド(現:大京穴吹不動産)

特徴
  • POINT1顧客のニーズに合わせた売却プランを提案してもらえる。
  • POINT21年間の設備保証や24時間駆けつけサービスなど、安心の住宅設備保証有り。
  • POINT3不動産投資や売却に役立つセミナーを随時開催している。
管理人のコメント画像

管理人のコメント

ワンルームマンションの売却力に定評があり、店舗やインターネット、広告など、多様な媒体やチャネルを使って積極的な売却活動をしてもらえるでしょう。大京グループのネットワークも魅力です。

コラム
  • 2021年6月15日 マンションの査定方法とは?その種類と流れについて解説
  • 2021年6月15日 マンション売却前のリフォームは必要?費用はどれくらいかかる?
  • 2021年5月24日 不動産売却にかかる費用一覧!手数料や税金の計算方法や減額する方法を紹介
  • 2021年5月24日 マンションが売れない理由は?売却を成功させるための対処法を紹介
セミナー
  • 2021年7月3日(土) 「賢いマンション売却」オンライン個別相談会(無料)
  • 2021年7月4日(日) 「プロが伝える!これだけは押さえておきたい買い替え」オンライン個別相談会(無料)
  • 2021年7月4日(日) 「仲介」と「買い取り」の違いとは?オンライン個別相談会(無料)
  • 2021年7月10日(土) 「文藝春秋」掲載セミナー 「不動産×生命保険」を賢く生かした相続税対策 
  • 2021年7月10日(土) 実例で解説「不動産×生命保険」を賢く生かした相続税対策
事例
  • 売却 Sさん[担当] 池袋店 : 川田 稔貴 人柄の良さと誠実さ 安心してお任せ出来ました。池袋店の川田さん、この度は、大変お世話になりました。お陰様で無事引き渡しが完了し、安堵してます。ありがとうございました。
  • 売却 Aさん[担当] 新宿店 : 森田 俊智 担当の方が3月で異動になったのですが、その連絡も次の方の引き継ぎも、とてもスムーズでした。又、契約してから引き渡しまで期間が長かったのですが、その点での不安も抱かないように対応して下さいました。
  • 売却 Kさん[担当] 金山店 : 伊藤 優也 上野店長、伊藤さん、飯島さん、宮井さんの皆さんが当方案件について状況をご承知いただいていたところはとても心強く、安心できるものでした。また、根拠、経験に基づいたご説明は非常に説得力があり、安心していられました。

東急リバブル

特徴
  • POINT1実際に取引をした顧客からの「満足度94%」の評価を公開中
  • POINT2多種多様なアピール方法を実施して物件の早期売却に繋げている
  • POINT3あんしん仲介保証や買取サービスなど、売主が安心できるサポートが充実
管理人のコメント画像

管理人のコメント

顧客満足度94%を達成したという、実際の利用者からの感想と評価が公開されているため、信用しやすいのが特徴。 営業担当者には宅建資格取得者が多く在籍しており、ワンルームマンションをはじめとする様々な不動産売却のエキスパートが揃っているため、困りごとを何でも相談しやすいという強みがあります。

セミナー
売却に関するセミナーの予定はありませんでした。
事例
  • アポなしで相談からの、丁寧で迅速な相談への回答。スピード感のある営業の対応により、停滞していた物件転売も最後まで完結。チームの熱意と誠意がカギ
    売却の目的 物件転売 売却物件の種別 記載なし
  • 地域の相場や物件の抱えるデメリットを的確にアドバイス・フォローし、早期売却を実現。間取りを変更して売却するという特殊な方法により、手続きから引き渡しまでを徹底して細かくサポート。
    売却の目的 中古物件の売却 売却物件の種別 中古物件
  • マンションの購入と売却の両方を担当。購入マンションのリフォームやり直しにまで応じる徹底したサポートにより、住み替えがスムーズに進行。売主の代理が立ち会った売却時にも、電話で常に親身なサポートが提供された。
    売却の目的 住み替え 売却物件の種別 マンション

オメガエステート

特徴
  • POINT1売買仲介から物件管理まで、不動産関連業務の実績を豊富に持つ専任スタッフが対応
  • POINT2希望した価格と最短期間での売却を実現するため、構築された独自ルートとネットワークを利用して取引
  • POINT3買主のライフスタイルや家族構成の変化に注目した住まい選びにより、効率的な早期売却を実現
管理人のコメント画像

管理人のコメント

売主に妥協をさせることなく、希望の売却価格と売却スピードを維持するというコンセプトが強みです。もともと売買仲介だけではなく、投資物件の仲介や物件管理など不動産取引に関する多くの実績を培っています。そのため不動産業務を俯瞰的に捉えた、視野の広い対応力が期待できるでしょう。

セミナー
売却に関するセミナーの予定はありませんでした。
事例
  • 債務の絡む不動産物件を売却するため、売却事情を知られたくないという売主の希望に合わせ、広告を出さず信頼できる買取先をスピーディに探し対応。決済のスケジュールを厳守するため、独自ネットワークを駆使して適切な買取先を紹介した。
    売却の目的 債務問題 売却物件の種別 記載なし
  • 低稼働率の収益不動産をどうするか迷っている顧客に対し、専門家が明瞭に相談対応。立地条件や容積率の余裕を踏まえた上で、将来的な建て替えが検討できる不動産として、独自ルートにより高額での売却を実現。
    売却の目的 資産整理 売却物件の種別 投資用物件

三井のリハウス

特徴
  • POINT1TVCMにより全国規模での認知度を誇るブランド力により、安心感と信頼感がある。
  • POINT2物件の売買仲介取扱数は27年連続で全国No.1を獲得。様々な実績と経験により、臨機応変に対応
  • POINT3住宅設備の確認や生活トラブルへの対応など、売主も買主も平等にサポートする体制
管理人のコメント画像

管理人のコメント

全国的な認知度を持って数々の取引に対応してきた業者ですから、安心して大切な物件を任せやすいと感じられます。無償で設備・建物調査を行ったり、引き渡し後の一定期間は補修費用を業者側が負担してくれたりと、安全面でのサポート体制が万全。売主だけではなく買主にとってもメリットが感じられるサービスが魅力です。

セミナー
  • 7月10日 (土) 東陽町センター
    個別税務相談会
  • 7月11日 (日) 練馬センター
    不動産税務相談会
  • 7月11日 (日) 西葛西センター
    無料個別税務相談会
  • 7月11日 (日) 綾瀬センター
    個別税務相談会
事例
  • エリアに特化した対応力と知識による売却サポートで、熟練営業担当者が土地売買と戸建て新築を実現。土地の売却と購入という2つの希望を同時に進行させ、売却についてはスピーディに早期・希望額で成立できた。
    売却の目的 住み替え 売却物件の種別 土地
  • 広い一軒家を手放してマンションへの住み替えを希望する利用者に、熱心かつ丁寧な対応でヒアリングを行った。周到で抜け目ない対応を行う営業担当により、売主に負担がかからないように配慮しながらスピーディな売却を実現。
    売却の目的 住みかえ 売却物件の種別 戸建て
  • 売主の転勤に合わせたマンションの売却と新たな物件の紹介を依頼され、希望条件に見合った取引を仲介。継続的に売り出し物件の情報を売主に届けながら、独自ブランド力を駆使してマンション物件の売却と、理想に見合った引っ越し先を手配した。
    売却の目的 住みかえ 売却物件の種別 マンション

ランドネット

特徴
  • POINT1主な取り扱いであるワンルームマンションの仲介に強みがあり、実績も豊富。
  • POINT2購入希望者をスピーディに紹介できる仕組みをつくっているため、売主の希望金額や希望期間も叶えやすい。
  • POINT31つの拠点に売却・購入・投資・賃貸管理・リフォームリノベーションと5分野のプロフェッショナルが集結している。
管理人のコメント画像

管理人のコメント

幅広い不動産関連業務を取り扱っている業者であるため、どんな希望にも応えられるだけの経験とノウハウが存在しています。急いで物件売却をしたいという人や、希望価格をなるべく下げたくないという人にもおすすめできます。他分野のプロフェッショナルが在籍していることから、ワンストップで売却から購入まで、トータル的な不動産サポートが受けられるのもメリットでしょう。

セミナー
売却に関するセミナーの予定はありませんでした。
事例
  • あまり条件が良くないとされているマンションで売主が不安を抱いていたが、見事に売却までこぎつけた。賃貸管理から投資、売却など、不動産に関連する全般的な相談にも対応し、売却だけではなくワンストップでトータルサポートを実施。
    売却の目的 記載なし 売却物件の種別 マンション
  • 賃貸管理の説明も行いながら、売買部門の営業担当者が丁寧に対応。直接の相談と依頼を通して、売主の売りたい物件を適切に査定し、売却まで一貫したサポートを実施した。
    売却の目的 記載なし 売却物件の種別 記載なし
  • 8年以上の付き合いをしている顧客に、複数件のワンルームマンションの売買を仲介。多数の物件を取り扱っていることを強みにして、購入希望者に適切な物件を紹介して買主・売主の両方本位な取引を成立させた。
    売却の目的 資産管理 売却物件の種別 マンション

福屋不動産

特徴
  • POINT1首都圏、関西圏、福岡でマンションの購入や売却を展開
  • POINT2全国に90拠点を超えるネットワーク
  • POINT3グループ会社による物件買取も可能
管理人のコメント画像

管理人のコメント

福屋不動産では、「すぐに物件を売却したい」という顧客の要望に応えるために、グループ会社である福屋アセットマネジメントが物件を購入します。そのため、売りたいのに売れない、といったことはありません。

セミナー
売却に関するセミナーの予定はありませんでした。
事例
  • 仲介・買い取りでのメリットとデメリットの説明を受け、納得して売買契約の締結ができた
    売却の目的 資産管理 売却物件の種別 マンション
  • 担当者の対応が明るく、定期的な報告もあったので安心して任せられた
    売却の目的 資産管理 売却物件の種別 マンション
  • 対応の速さと親切な説明で信頼できた。1週間もせずに話が決まって驚いた
    売却の目的 資産管理 売却物件の種別 マンション

いかかでしたでしょうか?これ以外にもおすすめの会社、成功するための3つのポイント、ワンルームマンション売却の基礎知識などを掲載しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

マンション売却を成功させるためのポイント

ワンルームマンション売却を成功させるために押さえておきたいポイントは以下の3つです。

1

高く売れる条件を揃える

一口にマンション売却と言っても、その条件や方法は様々。所有するワンルームマンションの近隣相場や、高く売れる時期などを事前に理解しておくことで、より物件の価値を高めることができます。

2

信頼できる会社を選ぶ

不動産会社と言っても、賃貸を主に扱っている仲介会社や、貸店舗やオフィスビルといった商用物件を扱っている会社など、会社によって得意とする分野は様々です。その中でもマンション売却を成功させるにはやはり、売買を専門としている会社を選ぶことがポイントです。売買に関して熟知している会社なら安心して任せることができます

3

成功事例をチェックしておくこと

口コミや評判などから実際に成功した例をチェックしておくことも、注意点や売却する際のポイントを掴む上で大切です。

マンションのイラストマンションの価値を理解して交渉する力もさることながら、不動産会社をどこにするかが成否を大きく左右するポイントです。

ワンルームマンション売却のおすすめ仲介・買取会社一覧

FGH

不動産流通プロフェッショナルの集団であるFGH。ワンルームマンションの売却に特化した専門性の高さと、顧客のあらゆる要望に応える高いコンサルティング能力で人気を集めています。また、売却後のアフターフォロー体制が非常に充実している点も、人気の理由のの一つです。

  • 本社住所:東京都千代田区九段北4-1-3 日本ビルディング九段別館 5階
  • 免許番号: 宅地建物取引業免許番号 国土交通大臣(2)第8898号

エルズホーム

不動産売却を始めとして、総合的な資産運用のためのコンサルティング事業を展開しているエルズホーム。不動産オーナーからは、ヒアリングおよび具体的かつ適切な企画提案から始まり、契約・アフターフォローに至るまで、エルズホームだけで完結するワンストップ・ソルーションが評価されています。

  • 本社住所:東京都目黒区東山1-4-4 目黒東山ビル 8F
  • 免許番号:宅地建物取引業免許番号 国土交通大臣(1)第9147号

きらめき不動産

これまでに累計で約10万人以上の不動産オーナーと交渉してきたきらめき不動産。レインズ(東日本不動産流通機構)登録の中古ワンルームマンション媒介件数においては、神奈川県内では最多という実績を誇っています。仲介手数料のみを自社の利益とすることで、不動産オーナーは物件をより高く販売することが出来、買い手はより安く購入することができる、という点が人気の要因の一つとなっています。

  • 本社住所:神奈川県横浜市西区桜木町5-26-12-2F
  • 免許番号:宅地建物取引業免許番号 国土交通大臣(2)第8447号

野村不動産アーバンネット

野村不動産グループの一翼を担う野村不動産アーバンネット。大手企業ならではの実績と安心感はもちろんのこと、充実したサポート・市場の動向等などを踏まえて制作される野村不動産アーバンネット独自のオリジナル査定書・一定期間内に売却が成立しなかった場合の買取保証サービス、といった質の高いサービスによって、不動産オーナーから幅広い支持を集めています。

  • 本社住所:東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル
  • 免許番号:宅地建物取引業免許番号:国土交通大臣(3)第6101号

大京リアルド(現:大京穴吹不動産)

大手不動産仲介企業の一つである大京リアルド。大手企業ならではの経験やノウハウを活かして適切な売却プランを提案してくれます。また、とりわけ評価が高いのが、同社の高い営業力。様々な媒体や手段を駆使しながら、委託した物件の売却契約成立まで導いてくれます。

  • 本社住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-19-18 オリックス千駄ヶ谷ビル
  • 免許番号:宅地建物取引業免許番号 国土交通大臣免許(6)第4139号

住友不動産販売

大手不動産仲介企業の一角を担う住友不動産販売。「高い査定金額も、売却されなければ意味がない」を合言葉に、日本全国に249店舗に広がる自社ネットワークやYahoo!JapanやSUMOといった多様な広告媒体を駆使した営業活動で、不動産売却をサポートしてくれます。

  • 本社住所:東京都新宿区西新宿2-4-1
  • 免許番号:宅地建物取引業免許番号 国土交通大臣 (12)第2077号

東急リバブル

テレビCMでもおなじみの東急リバブル。年間を通じての不動産売買仲介件数は 約26,000件以上(2019年度)という圧倒的な実績を誇ります。
大手ならではのノウハウや情報量もさることながら、顧客から寄せられた信頼に応えるためも様々な取り組みも同社の大きな特徴の一つ。例えば、東急リバブルでは、営業担当者の宅建資格取得を推奨しており、資格保有者率は業界でもトップクラスの94%に達します。

  • 本社住所:東京都渋谷区道玄坂1-9-5
  • 免許番号:宅地建物取引業免許番号 国土交通大臣(10)第2611号

オメガエステート

不動産売買仲介事業を初めとして、物件管理事業や賃貸事業など、不動産に関する事業を幅広く展開しているオメガエステート。不動産売買仲介事業としては、とくにマンションを専門的に取り扱っています。電話での問い合わせであれば、最短で30分程度で売却額の目安を提示してくれるほか、売却契約成立後、最短で一ヶ月で売却金額の振り込みを行うなど、スピーディーな対応が評判です。

  • 本社住所:東京都中央区日本橋大伝馬町10-6 フォーリッチビル4階
  • 免許番号:宅地建物取引業免許番号 東京都知事(3)第87268号

三井のリハウス

三井不動産グループの一角を担う三井のリハウス。テレビCMでもおなじみですね。年間の不動産売買仲介取扱件数では、27年連続で全国NO.1の実績を誇っています。
プロカメラマンによる物件写真の撮影サービスや、空室の画像にCG合成による家具画像を合成するバーチャル・ステージング・サービスなど、三井のリハウス独自の物件売却サポート・サービスが人気です。

  • 本社住所:東京都千代田区霞が関3丁目2番5号
  • 免許番号:宅地建物取引業免許番号 国土交通大臣(14)第777号

ランドネット

投資用のワンルームマンションを専門的に取り扱っているランズネット。中古物件の売買仲介も得意としており、常時1,000件以上の物件を取り扱っています。また、海外転勤が決まり、できるだけ早く資産を現金化したいという場合等にはありがたい、ランズネットによる買取サービスも人気です。

  • 本社住所:東京都豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋 7階
  • 免許番号:宅地建物取引業免許番号 国土交通大臣(2)第8622号

福屋不動産

関東地方、関西地方、ならびに福岡県を中心に中古マンションの売買仲介業務を展開している服屋不動産。2015年にはHOME’Sの売買流通部門で接客グランプリを受賞するなど、顧客対応力に優れた優良不動産仲介企業の一つとして知られています。

  • 本社住所:大阪市北区曾根崎2-3-5 梅新第一生命ビルディング15階
  • 免許番号:宅地建物取引業免許番号 東京都知事(1)第91898号

小田急不動産

小田急グループ傘下企業の一つである小田急不動産。小田急線沿線エリア内での中古物件売買にとりわけ大きな強みを持っています。売却契約が一定期間経過後にも締結しなかった場合には、小田急不動産が物件を直接買い取ってくれる「買取保証制度」など、サポート体制も充実しています。

  • 本社住所:東京都渋谷区初台1-47-1
  • 免許番号:宅地建物取引業免許番号 国土交通大臣(13)第1168号

GATES株式会社(旧セルゲートジャパン)

投資用中古物件を専門的に取り扱っているGATES株式会社。もちろん、投資用ではない中古物件も取り扱っています。取り扱いエリアは日本全国となっており、遠方に住む不動産オーナーの元にも、自社社員が東京から足を運び直接訪問して売却相談を行うなど、不動産オーナー目線でのサービスが評判です。

  • 本社住所:東京都中央区東日本橋2-28-5-協和ビル6F
  • 免許番号:宅地建物取引業免許番号 東京都知事(2) 第95011号

リーウェイズ

今までの不動産売買仲介業のあり方を大きく覆す、IT技術を駆使した設計された独自のシステムが特徴的なリーウェイズ。とくに、担当者の営業力や経験、交渉力等に一切頼ることなく、不動産オーナー自身が必要な判断を行うためのサポートをしてれる「Gateシリーズ」は、不動産オーナーから高い評価を受けています。

  • 本社住所:東京都渋谷区渋谷2-6-12 ベルデ青山5階
  • 免許番号:宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1) 第9180号

プレサンスリアルタ

投資用マンションおよび分譲マンションの売買仲介事業を展開しているプレサンスグループの中核をなすプレサンスリアルタ。物件管理代行業務を展開する「プレサンスコミュニティ」やリフォーム・修繕工事事業を手掛ける「トライスト」といった、他のグループ傘下企業との連携しながら、物件売却をサポートしてくれます。

  • 本社住所:大阪市中央区城見1丁目2番27号クリスタルタワー27階
  • 免許番号:宅地建物取引業免許 大阪府知事 (2)第57039号

株式会社SGS

中古物件売買仲介事業を初めとして、賃貸管理事業、リフォーム事業、不動産コンサルティング事業、資産管理コンサルティング事業、賃貸管理査定事業など、不動産関連事業を総合的に展開している株式会社SGS。日本全国を対象エリアとしていますが、とりわけ、新宿周辺の中古物件の売買仲介に大きな強みを持っています。

  • 本社住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル7階
  • 免許番号:宅地建物取引業免許 東京都知事 (3) 第90174号

長谷工リアルエステート

首都圏エリアを初めとして、関西エリアおよび東海エリアで不動産関連事業を展開している長谷工リアルエステート。中古不動産の売買仲介はもちろん、長谷工リアルエステートによる直接買取も行っています。直接買取となる場合、契約後にリフォームを行うことを前提としての買取となるため、室内状況が問われないという点が魅力的です。

  • 本社住所:東京都港区芝 2-31-19
  • 免許番号:宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(2)第8026号

みずほ不動産販売

みずほ銀行やみずほ証券とともに、みずほグループの傘下企業の一つであるみずほ不動産販売。大手ならでは信頼と実績に加えて、豊富な経験と確かな知識を誇る担当者による質の高いサポートでも評判を集めている同社では、営業担当者の全員が宅地建物取扱士資格を取得しており、業界経験年数は平均で10年となっています。

  • 本社住所:東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル
  • 免許番号:宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(8)第3529号

三井住友トラスト不動産

三井住友グループの一翼を担う三井トラスト不動産。大手ならで営業力や情報量に加えて、弁護士や税理士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、司法書士、一級建築士といった各種専門家による様々なサポート・サビースが受けられる点が魅力的です。

  • 本社住所:東京都千代田区神田錦町3-11-1 NMF竹橋ビル
  • 免許番号:宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(9)第3397号

FJネクスト

FJコミュニティ、レジテックコーポレーション、FJリゾートマネジメントと並んでFJグループ傘下企業の一つであるFJネクスト。同社では、資産運用型ハイエンド・マンションとして知名な「ガーラマンションシリーズ」を手掛ける一方、自社ブランド・マンションのオーナー向けに、物件売買仲介事業も展開しています。不動産投資のプロの知見を活かした営業活動が特徴です。

  • 本社住所:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー11F
  • 免許番号:宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(5)第5806号

トーシンパートナーズ

「フェニックスシリーズ」、「Zoomシリーズ」といったマンションブランドを展開するトーシンパートナーズ。2016年の時点でグループ全体の社員数は250名超となっており、業界の大手企業の一つです。同社では、自社ブランド・マンションのオーナー向けに、売買仲介事業を展開しています。自社ブランド・マンション以外の物件に関しては、「オーナーズクラブ」に加入した場合、可能となります。

  • 本社住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
  • 免許番号:宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第86543号

日本財託

不動産売買仲介、コンサルティング、賃貸管理、建物管理、賃貸仲介など、不動産関連事業を幅広く展開している日本信託。同社の不動産売買仲介事業については、とくに中古ワンルームマンションの売買仲介に大きな強みがあり、中古ワンルームマンションに限定すれば、業界でも屈指の売却仲介実数を誇ります。

  • 本社住所:東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル9F・10F
  • 免許番号:宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(1)第8619号

シノケンハーモニー

投資用不動産の売買仲介を専門的に行うシノケンハーモニー。不動産関連事業を幅広く展開しているシノケングループ傘下企業の一つであり、不動産売買仲介としては、グループ内の別企業であるシノケンファシリティーズが積極的に行っています。不動産投資に関する豊富な経験と確かなノウハウを持つシノケングループならではの営業活動が魅力的です。

  • 本社住所:東京都港区芝大門2-5-5 住友芝大門ビル
  • 免許番号:宅地建物取引業免許 国土交通大臣(2)第7857号(シノケンファシリティーズ)

クレアスライフ

都内を中心に自社ブランドマンションの企画・開発・分譲事業を展開しているクレアスライフ。中古物件売買に関しては、同グループ傘下の別企業であるクレアスパートナーズが行っています。ただし。クレアスパートナーズで取り扱い対象となるのは、クレアスライフが手掛けたマンションのみ。また、売買仲介ではなく、クレアスパートナーズによる買取となります。

  • 本社住所:東京都港区六本木五丁目1番3号 ゴトウビルディング1st.
  • 免許番号:宅地建物取引業者免許 東京都知事(3)第88219号

ギブコム

東京都品川区および岩手県盛岡市を拠点として事業を展開しているギブコム。賃貸の斡旋および管理事業に加えて、首都圏の中古ワンルームマンションを主な対象とした売買仲介事業を展開しています。丁寧でテキパキとした対応が評判をよんでいます。

  • 本社住所:東京都品川区東五反田4-5-2 五反田NTビル1F
  • 免許番号:宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(1)第8998号

レイニッチ

投資用中古マンションの販売および売買仲介に特化した事業展開を行っているレイニッチ。例えば、マンション一棟を所有オーナーには、リスク分配の観点から棟単位での売買を推奨しないなど、投資のプロならでの経験と知識を踏まえた売買サポートが評判を集めています。

  • 本社住所:東京都千代田区神田神保町3-9 第一丸三ビル1階
  • 免許番号:宅地建物取引業者免許 東京都知事(4)第81595号

HUIT

不動産売買仲介事業、不動産コンサルティング事業、不動産賃貸管理事業などを展開しているHuit。物件オーナーの希望額に可能な限り近い額での売却契約成立のために、丁寧で柔軟な営業活動を行ってくれると評判です。とりわけ、不動産の売却に慣れていない方から、幅広い支持を集めています。

  • 本社住所:東京都渋谷区東3-25-10 T&Tビル4階
  • 免許番号:宅地建物取引業者免許 東京都知事(2)第94933号

株式会社パートナーズ

不動産販売仲介事業を中心として、不動産運用コンサルティング事業や不動産管理事業などを手掛けている株式会社パートナーズ。設立は2011年と、まだ比較的若い会社ですが、管理本部に顧客のサポートを行う「顧客相談室」を設置し、さらに社長直属の「コンプライアンス委員会」を常設するなど、企業理念である「顧客第一主義」を体現する丁寧なサービスで人気を集めています。

  • 本社住所:東京都品川区東五反田2-8-8 FLEZIO五反田 2F 4F 7F
  • 免許番号:宅地建物取引業者免許 東京都知事(2)第93529号

エーシークリエイト

不動産コンサルティング・不動産売買仲介・不動産管理といった不動産関連事業を展開する一方で、レンタルスペース事業や農業関連事業等も手掛けているエーシークリエイト。収益還元法・取引事例比較法・原価法などに基づいた客観的な物件価値の査定と、それらの客観的なデータを元にした中立的な売却計画を提案してくれる点が大きな特徴です。

  • 本社住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-39-1 北参道サンイーストテラス 8階
  • 免許番号:宅地建物取引業者免許 東京都知事(1)第99075号

株式会社クリア※事業撤退※

投資用不動産の売買仲介および購入事業、賃貸管理事業、リフォーム・リノベーション事業等を展開している株式会社クレア。日本国内はもちろんのこと、中国、台湾、シンガポール、マカオなど、日本国外にも独自の販路を持っている点が大きな特徴です。営業担当者は豊富な経験と知識を持ち、不動売却の経験がない人でもスムーズに売却を行うことが出来ます。

  • 本社住所:兵庫県神戸市中央区御幸通4丁目2-15 三宮米本ビル4階
  • 免許番号:兵庫県知事 (1) 第11772号

ステージェント

不動産売買仲介事業や資産運用、賃貸運用、不動産コンサルティング、不動産管理といった不動産関連事業を幅広く展開しているステージェント。国内外の投資家や資産家および法人や、同社と取引した経験のある一般購入希望者などからなる独自の販売経路をもっています。また、すでに賃借人が存在のマンションのオーナーチェンジにも対応しています。

  • 本社住所:東京都目黒区目黒1-6-17 Daiwa目黒スクエア4F
  • 免許番号:宅地建物取引業者免許 東京都知事(1)98295号

売る前に知っておきたい基礎知識

ワンルームマンションを売却するときの重要なポイントをまとめています。不動産業者に相談する前に、これらの点をチェックしておきましょう。

ワンルームマンションの売り時や売る方法

売却を成功させるには、適切な「売り時」を見極めなくてはいけません。少しでも売却物件の価値を上げて高額で売却するためのテクニックを紹介します。売却時の注意点もまとめています。

ワンルームマンションの売却相場・売却価格

ワンルームマンションを売却するにあたって、売却価格の算出をしなくてはいけません。ここでは、その算出方法をいくつか例示していますので、参考にしてみてください。また、税金をはじめとした「売却時にかかる費用」も紹介しているので、ワンルームマンションがいくらで売れるのか?売るのにいくらかかるのか?を確認してみましょう。

居住用と投資用で売却方法は変わるの?

不動産には大きくわけて、居住用途と投資用途での購入があります。ワンルームマンションも同様ですが、それぞれの用途で売却時の契約や方法に差があるのでしょうか?ここでは自分用と投資用それぞれのマンション売却時の注意点をまとめています。

マンション売却時の媒介契約とは?

「媒介契約」とは、不動産仲介会社に不動産の販売仲介を依頼するときに結ばれる契約です。不動産売却の際には、不動産会社と媒介契約を結ぶ必要があります。ここでは媒介契約について、種類や注意点をご紹介します。

ワンルームマンションの売り方と高額売却のコツ

ワンルームマンションを売却する時、どのような流れで売るのか?どうすれば高額売却できるのか?売るときに注意したいポイントなどを紹介しています。

マンション売却に必要な諸費用

マンションを売却するにあたって、印紙税や譲渡所得税といった費用が必要になってきます。不動産会社に支払うべき仲介手数料や司法書士費用もかかるため、節約・節税のためのポイントをチェックしておきましょう。ワンルームマンションの売却に必要な諸費用についてご紹介しています。

マンション売却に必要な書類

マンション売却の際には、自宅マンションの権利書や実印・印鑑証明書をはじめ、マンション購入時の契約書や税金に関わる書類、毎月の維持費が分かる書類など…様々な書類が必要になります。ギリギリになって慌てることがないよう、必要書類の一覧を確認しておきましょう。

引渡しまでの流れ

マンションの売却手続きを始める前に、売却までの流れをイメージしておきましょう。物件相場をチェックし、不動産会社を選んで契約したら、購入希望者との交渉や売買契約が必要になります。マンションをスムーズに引き渡しできるよう、順を追って踏むべき手順をご紹介しています。

マンションの評価方法

できるだけ高い価格で売却したいところですが、マンションを含め不動産の価格を決める評価方法には種類があります。対象物件の再調達価格をもとに算出する「原価法」や、依頼物件と同種・同党の周辺物件の成約事例から算出する「取引事例比較法」、物件が将来的に生み出すと予測できる収益から賃料の総額を割り出す「収益還元法」の3つ。それぞれでどのような違いがあるのか、マンションの評価方法についてご紹介しています。

ワンルームマンション売却で必要な確定申告

マンションを含め不動産を売却することによって、確定申告が必要になります。ただし売却によって損が生じた場合には、納税するための所得が得られないため、確定申告の必要はありません。マンションの売却で確定申告を行うのに必要な書類や手順、注意すべきポイントなどについてご紹介しています。

マンション売却の仲介手数料

マンションの売却を不動産会社に依頼すると、仲介手数料が発生します。仲介手数料には相場や上限額がありますが、中には売買仲介手数料を無料としている会社も存在します。マンション売却で生じる仲介手数料の相場や計算方法、支払いのタイミングなど…マンション売却手数料についてのポイントをまとめました。

マンション一括査定のメリット・デメリット

マンションの売却時には複数の不動産会社に査定を依頼しますが、複数の業者から一括で査定してもらえる「一括サイト」も存在します。サイトの入力フォームを利用するだけで、多くの業者から一気に査定額を提示されるため、時間の節約に繋がります。ただし業者間のバラつきや営業電話のリスクも懸念されるため、ポイントをよく確認しましょう。

住宅ローンが残ったマンションの売却

住宅ローンが残っている場合でも、マンションを売却することはできます。金融機関と結んだ抵当権を抹消すれば売却手続きは可能であり、ローンの残債も新規のローンに上乗せすることが可能。ただし融資額が予定よりも高くなるため、ローンが残っている場合のマンション売却では様々なポイントに注意しておきましょう。

マンション売却の2つの方法

マンションを売却するには、不動産業者に仲介してもらう方法と、不動産業者に直接買い取ってもらう方法があります。仲介を依頼すれば希望価格で売りに出すことができ、直接買い取ってもらう場合はすぐに資金を回収できます。それぞれにメリット・デメリットがあるため、よくチェックして売却方法を選択しましょう。

居住しながらのマンション売却は可能?

マンションに居住している状態で売却することは可能です。居住しながら売却する人も多くいて、居住中の売却時には内覧日時を決める手間や内覧向けのメンテナンスが難しくなります。ただし有利な条件で契約に結び付く可能性もあるため、居住中のマンション売却についてメリットやデメリットを確認しておくと良いでしょう。

ワンルームマンションとファミリータイプの買取事情の違い

ワンルームマンションは単身者向けに作られていることが多く、駅までのアクセス条件や路線などが重視されがちです。対してファミリーマンションは間取りや駐輪場・駐車場の有無、周辺の環境などが重視されがち。マンションを売却する際は、マンションごとの種類の特徴をよく確認して、長所やアピールポイントを活かせるように準備しましょう。

訳ありマンション(事故物件)は売却可能?

事故物件とは、「人が住む上で何らかの問題がある物件」のこと。白アリ被害や雨漏りがある「物理的瑕疵物件」と、自殺や他殺があった「心理的瑕疵物件」の2種類が存在しますが、そのどちらであっても売却は可能。ただし買主に必ず告知する必要があるなど、注意点もあります。事故物件の売却についてご紹介しています。

マンション売却に有利な時期はある?

同じ物件を同じ価格で売るとしても、マンションを売却する時期やタイミングによっては需要が大きく異なります。例えば9月から11月はマンション購入の需要が増える傾向があるとされています。ただしどの時期に売却をしても価格には大差がありません。売却の時期による違いや、売却戦略の立て方についてご紹介します。

新築マンション売却時の注意点とは?

購入したばかりの新築マンションでも売却することは可能です。うまくいけば購入時よりも高く売れる可能性がありますが、一方で想像よりも安値になってしまうこともあります。新築マンションを売却する際に頼る不動産業者の選び方や、アピールの方法などについてよくチェックしておきましょう。

【2021年版】東京エリアの不動産状況

東京の風景

不動産の売却や購入を検討する場合、タイミングは最も重要な要素です。物件の価格がどのように推移しているのか、世界全体で起きているイベントやニュースなどの状況に合わせて、売り時を慎重に判断する必要があります。

コロナ禍や各種イベントなどの懸念される点は多数ありますが、結論から言えば住宅需要には大きな影響が与えられる心配はありません。2021年時点での、東京エリアの不動産状況について解説していきます。

東京の土地価格推移

土地のような不動産の価格推移状態を確認するには、「地価公示」をチェックするのがシンプルな方法です。国土交通省が年に一度調査した、標準値の1平方メートルあたりの地価を公表したこの資料は、土地価格の評価基準として有用です。

また、同じく国土交通省が公表している「不動産価格指数」をチェックするのもおすすめです。不動産価格指数は国際機関の働きかけによって、不動産価格がどう動いたのかを示すために作られたものです。実際の取引価格をもとに外部の様々な影響を推し量ることができるため、時勢によって変動している東京の土地価格の推移をわかりやすく確認できます。

住宅地は現在進行形で上昇中

「令和2年の地価公示結果の概要」を確認すれば、東京・大阪・名古屋といった三大都市圏では全て、住宅地の土地価格が上昇していることがわかります。これらの都市では全て、3年連続で土地価格が上昇しているため、2021年時点で不動産を売っても大きな損は考えられにくいと言えるでしょう。中でも東京圏や名古屋圏では7年連続で土地価格が上昇しており、東京の上昇幅はトップです。

近年では世界中を揺るがす形であらゆるイベント・ニュースが舞い込んでいますが、様々な影響を受けてもなお、住宅需要は下がっていません。

なお、住宅地だけではなく商業地においても東京の土地価格は上昇傾向を見せています。商業地には大型ショッピングモールやホテル、周辺の鉄道などが多く存在しているため、住宅不動産としても大きな需要が見込めます。

地価の暴落が起きるリスクは低い

あらゆる資料から判断しても、世界的に様々なトピックの影響を受けている今でさえ、東京の土地価格は上昇を見せ続けていることがわかります。上昇が続けば暴落が起きる可能性も考えられますが、東京の土地価格暴落はリスクが低いと判断できるでしょう。

土地暴落の懸念要素の一つである「生産緑地」ですが、これは指定された農地が30年以上農業を行う必要があり、勝手に建物を建てたり売却したりできないという制限です。ちょうど2022年には営農義務が終わる農地が多く出ますが、これが市場に急激な影響を与える可能性は低いでしょう。

世界的なイベントが開催された後の不動産価格上下落も気になる点ではありますが、イベントのために作られた建物はその後マンションとして販売されることが予定されています。他のエリアに関してはそれほどの影響を与える要素ではなく、すでに建設特需も落ち着いているため、土地価格の暴落に繋がるリスクはあまり目立ちません。

マンションの不動産価格推移

ワンルームマンションの売却を考えている人にとっては、マンションの不動産価格の変動が特に気になるポイントでしょう。要点から言えば、マンションの不動産価格指数は伸びを見せ続けている状況です。

不動産の中でもマンションの伸びが目立つ理由

東京で調査された国土交通省による「不動産価格指数(住宅)の推移」では、住宅地や戸建住宅に比べてマンションの価格指数が目立って上昇していることがわかります。具体的には2013年以降、特にマンションの価格が急激に伸び始めて、2021年時点までずっと上昇が続いています。

なぜ住宅地や戸建と比べてマンションの価格指数が上昇しているのか、これには諸説ありますが、大きな理由の一つが立地条件です。東京の中でも利便性の高い施設や交通機関がある場所周辺には、住宅不動産としてマンションが立てられやすいという傾向があります。対して戸建住宅は住宅街など、街の中心部から少し離れた場所に建設されがちです。立地条件の良さを考慮して住宅を選ぼうとした場合に、マンションの方がニーズを高く得られるというわけです。

実際に首都圏をはじめとする大都市圏において、戸建て住宅の建設量はマンションと比べても、10年間ほとんど変化が見られていません。

オフィスや店舗の需要は落ち込み気味

東京と言えば規模の大きさに関わることなく、様々な事業が活発に行われています。ところが2020年時点での東京は、マンションの需要に対してオフィスや店舗の需要が減少傾向を見せています。コロナ禍において、新築マンションの新規販売戸数は一時的に供給が絞り込まれましたが、緊急事態宣言解除後である6~7月頃には前年同月比2割減にまで回復傾向をみせ、10月には51.5%と大幅な増加を見せています。

これと比較してオフィスビルの空き室率は2020年5月以降に悪化を見せ始め、賃貸店舗の需要も減少が続いています。東京の中でも渋谷区においては、IT企業が集積していることからテレワーク導入の拡大に伴って、オフィス需要の減少が見られているのです。

マンション需要が下がるような目立つ要因はほとんど挙げられていない上、テレワークに都合の良い物件を求める人もいることから、マンションの需要は現在堅調と言える状況です。

マンション市場とコロナ禍はあまり影響しない

コロナ禍により緊急事態宣言やテレワークの推奨など様々なニュースが舞い込んでいます。店舗やオフィスの需要はコロナ禍により大きな影響を受けているのが現状ですが、マンション市場に限っては、コロナ禍の影響をあまり大きく受けてはいません。

東日本レインズは4~6月期レポートにより中古マンション売買の成約件数を公表し、その中で昨年に対約3割の件数減少が確認されました。ところが5月時点で前年同月比-38.5%だったのに対し、7月時点ではすでに-2.4%にまで回復を見せています。マンション市場に与えられるコロナ禍の影響は急激なレベルとまでは言えないのが現状であるため、コロナ禍によるマンション市場の価格・需要暴落を気にする必要はあまりありません。

ワンルームマンションは売り時なのか?

コロナ禍や大型イベントなど様々な影響が考えられる年代ですが、ワンルームマンションの売り時としてはあまり大きな問題はありません。前述の通り、コロナ禍や世界的イベント、ニュースなどの影響はマンションの売買市場においてあまり大きな影響はありません。

  • 東京を含め住宅地の土地価格は上昇し続けている
  • コロナ禍やその他ニュース・イベントでも住宅需要は下がっていない
  • 今後の地価暴落リスクは低い
  • 東京では現在進行形でマンションの需要が高まり続けている
  • コロナ禍が与えるマンション市場への影響は少ない

以上の理由からも、2021年時点でのワンルームマンション売却を妨げる要素はないと判断して良いでしょう。「コロナ禍だからマンションの売却で損をしてしまう」「今後に不動産やマンションの価格が激しく暴落する」といった心配はありません。

むしろコロナ禍や世界的イベントの開催など様々な要因を取り除いて考えれば、現在進行形で住宅ローン・投資ローンの低金利状態は続いています。コロナ禍の影響と言えば、不況に対する景気拡大により、低金利状態がさらに引き延ばされる可能性が考えられる点くらいです。

不動産価格の乱高を心配して、ワンルームマンションの売却をためらう必要はありません。2021年現在、マンション売却を検討しているのであればぜひ査定依頼を行い、理想的な売却ができることを確認してみましょう。

マンション売却時に必要な費用

マンションを売却する際には、手数料や税金といった以下の様々な費用がかかります。

不動産会社への仲介手数料

マンションの売却を不動産会社に依頼する場合には、仲介手数料が発生します。媒介契約を結んだ時ではなく、マンションの売却が成立した際に成功報酬として払うのが一般的。買主との間で売買契約を結んだ時に半額、物件の引き渡しを終えたときにもう半額を支払うという流れがオーソドックスです。

仲介手数料の金額は、売買価格が400万円を超えるケースには「売買価格×3.3%+6,6000円」のように、掛け率と売却価格を掛け、そこに税額をプラスした計算式で金額を算出します。

売買契約書への印紙税

売買時には印紙税が必要になります。マンションの売買契約書に貼る印紙には、定められた金額の印紙を貼って消印することにより、納税が認められます。

売買契約書に貼る印紙の金額は、契約書に記載されている物件の売買価格によって定められています。税額は2022年3月31までは「軽減措置」が実施されているため、売買価格が1000万超5000万円いかの場合には1万円、5000万円超の場合には3万円とされています。ちなみに500万超1000万円以下で5000円、100万円超500万円以下で1000円です。

抵当権の抹消に関する登記費用

不動産を売却する際には、所有権を買主に移転する「所有権移転登記」が必要になります。その際の登記費用は買主が負担しますが、売主は売却物件に住宅ローンが残っていたケースの「抵当権抹消登記」費用を負担します。

抵当権抹消には、登録免許税や司法書士に支払う報酬も含まれます。金額はケースバイケースとなりますが、税額も含めれば2~3万円程度が一般的。

必要に応じた処分費・解体費

不動産を手放す際には、以下のような雑多な出費が生じます。

  • 廃棄物の処分費(10万~50万円程度)
  • 敷地の測量費(50万~80万円程度)
  • 建物の解体費(100~300万円程度)
  • ハウスクリーニング費(5万~15万円程度)

これらの費用は仲介会社に依頼することで、概算を教えてくれたり専門会社を紹介してくれたりします。専門業者に作業を依頼する場合には、しっかり業者の質や作業内容をチェックしておきましょう。

仮住まいの場合には引っ越し費用が2回分

もしもマンションを売却した後に、すぐに新居が見つからず仮住まいをする場合には、「旧居から仮住まい」「仮住まいから新居」で計2回分の引っ越し費用が必要となります。

マンション売却に必要な書類

マンションの売却を行う際には、以下のような書類が必要になります。

自宅マンション権利書

登記済証のことを差します。不動産の権利を法的に保護し、交付されるための書面です。抵当権の設定・権利の移転をする際に必要。

実印

印鑑登録証明に登録した印鑑が必要です。銀行員や認印とは異なり、正式な契約の場面で必要とされるものになります。

印鑑証明書

信頼できる第三者が印鑑の正当性を保証する、とても重要なものです。3カ月以内に発行されたものが必要になります。

自宅マンションの購入契約書

売却するマンションを購入した際の、契約書一式が必要です。もし契約書を紛失してしまった場合には、取得費を収入金額の5%として計算することになるため、購入金額がそれ以上だと損をしてしまいます。

税金関連の書類

固定資産税や都市計画税の年税額などに関連する書類です。

住宅ローン明細

金融機関から発行された、毎月の住宅ローンの支払額と残債額が分かる書類が必要です。

毎月の維持費が分かる書類

管理費や修繕積立費、組合費といった維持費が分かる書類は、売却時の説明に必須です。

身分証明書

本人確認が求められるため、必ず用意しておきましょう。

管理規約

マンションの管理会社から配布された資料は、不動産鑑定評価においても必要となります。

仲介手数料の設定方法と上限

マンションの売却を不動産管理会社に依頼する場合には、会社が売却活動を行うための仲介手数料が求められます。売却価格の額や業者によって設定された仲介手数料の掛け率によっては、同じ物件を売却するとしても手数料の額が異なります。

ただし宅建業法によって「仲介手数料の上限額」が定められており、それは以下のようになっています。

  • 売却価格200万円まで…売却価格の5%+消費税
  • 売却価格200万円超~400万円以下…売却価格の5%+消費税
  • 売却価格400万以上…売却価格の3%+消費税

中には売買仲介手数料を無料と設定している業者も存在しています。こちらは不動産を自社で買取・売却することによって、買主を探す手間を省き、仲介手数料を無料にしているという仕組みがあります。ただし不動産業者が直接買い取るようなケースは、買取価格が安めに設定されやすいという特徴も。

仲介手数料と売却価格の兼ね合いを見ながら、不動産業者や売却方法を慎重に選びましょう。

 
ページの先頭へ
必見!ワンルームマンション売却成功ガイド