ワンルームマンション売却成功ガイド » マンションを売りたい!おさえておくべき基礎知識 » ワンルームマンションの売却方法と注意点

ワンルームマンションの売却方法と注意点

ワンルームマンション売却の流れ

ワンルームマンションを売却しようと考えるなら、いくつかの手順を踏む必要があります。ワンルームマンションの売却の流れについてご紹介します。

ステップ1:売り出し前の準備期間

ワンルームマンションを売り出す前には、満足な価格とスケジュールで売却を成功させるために、丁寧な準備が必要です。具体的に準備期間でやることは以下の三つ。

  1. 情報収集
  2. 一括査定
  3. 媒介契約

まずはマンションの相場や売却に必要な書類をリサーチします。自分で調べるのも良いですが、不動産会社に相談して調べてもらうのもおすすめです。情報収集の後は本格的に売却価格を査定してもらい、売却の仲介を依頼する契約を結ぶため、不動産会社選びに注意しましょう。

ステップ2:売却活動

信頼して不動産の売却を任せられる会社を見つけたら、不動産会社と仲介を結んでいよいよ売却活動の開始です。売却活動とは、不動産会社と協力しながらワンルームマンションの買い手を見つけてもらう活動のことを言います。売却価格を本格的に決定したら、マンションを売りに出したことをチラシや物件情報サイトを利用して、いろんな人に告知します。どれだけ多くの人に物件の売り出し情報を知らせられるかも重要ですが、本当に物件の購入を検討している人に対いて情報を確実に届けられるかどうかもカギとなります。

また、物件情報を告知した後の内覧対応も、この売却活動の時期に行うものです。内乱では実際に買い手への対応をしながら、物件のアピールポイントを前面に出せるよう工夫が必要。売却活動のサポートは不動産会社によって異なりますから、ステップ1での会社選びがここで大きく影響を表します。

ステップ3:決済~確定申告

売却活動が功を奏し、実際に買い手と契約を結んだら、物件の引き渡しや代金の決済、登記の変更といった作業が待っています。無事に売買代金を決済するまで油断せず、様々な手続きを丁寧に進めていきましょう。マンションを引き渡したら終わりというわけでもなく、マンション引き渡し後には売却で得た金額を確定申告で整理する必要があります。譲渡所得税が発生するため、納税のための手続きも必要になるのです。

売却価格の決まり方とは?

ワンルームマンションの売却価格は、その周辺にある似た条件のマンションを参考にして決められます。設備や立地、築年数などの条件を照らし合わせて周辺の物件情報について調べれば、大まかな売却価格について予想できるでしょう。居住用であれば、買い手との取引によって売却価格が多少増減します。

ただし投資用のワンルームマンションとして取引される場合は、賃料が高くコストのかかりにくそうなマンションに高値が付く傾向にあります。利回りの低いマンションほど高値が付きやすいのが特徴。空き室のリスクが低い都心部はリスクが低く、逆に郊外はリスクが高いため、利回りが高くなりがちです。

売却時に注意したいこと

自分でも相場を調べておく

不動産会社の出す査定額は、会社ごとに異なります。会社によっては査定額が適切ではなく、極端に安いor高いこともあり、それが原因で売却活動が妨げられてしまう可能性もあります。マンションの価格は同じエリアの競合物件である程度の相場がわかるため、自分でも物件情報サイトなどを利用して、相場を調べておきましょう。

査定は複数の不動産会社に依頼する

不動産会社選びの際にも有効な手段ですが、売ろうとしているワンルームマンションは一社だけではなく、複数の会社に査定してもらいましょう。仲介会社によっては一度に複数社へ査定依頼を出してくれるところもあります。査定価格が適切か、理想に近い金額で売却してくれるかをよく吟味して契約を結ぶ不動産会社を選んでください。

ワンルームマンションを高額売却するコツ

収益と利回りに注目する

ワンルームマンションは専有面積が小さめであるため、ファミリー向けのマンションよりも低価格になりがちです。中古の場合はさらに価格が下がることもあるため、競合物件の価格から影響を受けやすいのが特徴。仕様や間取りで大きな差をつけることは難しいと言えるでしょう。ですからリフォームやフリーレント(入居者に数か月分の賃料を免除する特約)を活用することで、競合物件にはないメリットを付加して、物件としての価値を高めるのがおすすめです。

金利が低いタイミングを狙う

低金利になると表面利回りが低下しますが、ワンルームマンションの価格はそれに比例して高くなっていきます。この特性を利用すれば、金利が低くなったタイミングでワンルームマンションを売却することにより、損をせずにマンションを売却することが可能になります。売却のスケジュールに余裕があるなら、低金利のタイミングを狙ってみましょう。

要注意!気を付けたい失敗例

内覧前のメンテナンスをしなかった…

買い手が実際に物件の中を見に来る内覧では、部屋の印象が大きく影響を与えます。汚れや破損があったり、清潔感に欠けるような内装だと、いくら設備が良くても買い手に悪い印象を与えてしまいます。内覧の前にはしっかりメンテナンスをして、部屋がきれいに見えるように注意しましょう。

安易に売り出し価格を値下げしてしまう…

早く売却をしたいからと言って、簡単に値下げをするのは得策ではありません。売り出して1~2か月ほどで買い手がつかなければ値下げの提案を受けることがありますが、値下げの前に広告活動をしっかり行ったか、物件の状態は万全に整えられているかなど、売れない理由をもっと考えて改善してみましょう。値下げは最終手段。値下げしなくても簡単な工夫で物件が売れる可能性はありますよ。

 
ページの先頭へ
必見!ワンルームマンション売却成功ガイド