ワンルームマンション売却成功ガイド » 首都圏でマンション売却!抑えておきたい基礎知識 » 【東京】ワンルームマンションの売却相場や高く売るためのポイント

【東京】ワンルームマンションの売却相場や高く売るためのポイント

本記事では、東京でワンルームマンションを売却するベストな時期やマンション売却相場、23区の平均売却価格、ワンルームマンションを高く売るためのポイントなどについて詳しく述べています。東京で、ワンルームマンションの売却を考えている方はぜひ参考にしてください。

東京のマンション売却相場

まず、東京のマンション売却価格の推移を見ていきましょう。

コロナショックから回復し価格は上昇傾向にある

東京の不動産価格は、2015年ころから上昇傾向にあり、新型コロナウイルス流行によるショックが起こる2020年まで価格は上昇していました。2021年2月度マーケットウォッチによると、マンションの成約価格は2020年3月から少しずつ減少、コロナショックにより、不動産購入や売却活動を控える人が増えたためだと考えられます。

しかし2020年6月のデータを見ると、成約状況が再び上昇し始めています。この結果から考えられるのが、コロナ流行による新しい生活様式が普及したことです。

テレワークを導入する企業が増えたり、緊急事態宣言で自宅での生活を充実させる人々が増えたりするなど、コロナ禍以前と比べると、世の中の動きは大きく変化してきました。マンションなど不動産購入の需要が増えており、不動産業はコロナショックから回復したと考えてもよいでしょう。

参照元:2021年2月度マーケットウォッチ(http://www.reins.or.jp/pdf/trend/mw/MW_202102data.pdf)

投資用ワンルームマンションの需要

前述した通り、テレワークを導入する企業が増えたり、自宅で過ごす人々が増加したりするなど、コロナウイルス流行により人々の行動様式は大きく変わりました。

住居の物件の需要度は高い状態を保っていることから、今後も投資用の物件の需要は高いままだと考えられます。

23区の平均売却価格

直近約1年間の23区全体のマンション平均売却価格は3,787.4万円です。23区それぞれの平均価格と平均坪単価を以下の表にまとめましたので、ご覧ください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
エリア 平均価格平均坪単価
足立区 2,607万円166万/坪
荒川区 3,337万円233万/坪
板橋区 2,691万円229万/坪
江戸川区 3,276万円177万/坪
大田区 2,838万円273万/坪
葛飾区 2,386万円170万/坪
北区 3,101万円255万/坪
江東区 3,852万円272万/坪
品川区 4,555万円340万/坪
渋谷区 4,791万円384万/坪
新宿区 3,868万円353万/坪
杉並区 3,294万円285万/坪
墨田区 3,031万円288万/坪
世田谷区 4,419万円288万/坪
台東区 3,474万円303万/坪
千代田区 5,449万円442万/坪
中央区 4,679万円354万/坪
豊島区 3,276万円318万/坪
中野区 3,380万円292万/坪
練馬区 2,925万円238万/坪
文京区 3,833万円335万/坪
港区 7,226万円455万/坪
目黒区 4,551万円341万/坪
引用元:ホンネの不動産相談所(https://www.ms-souba.com/)

今後の東京におけるマンションの売却予想

今後、東京におけるマンション売却がどのように予想されるかチェックしてみましょう。

新宿周辺が注目されている

山手線周辺のエリアは、様々な企業が立ち並び、賑わいを見せていますが、今後、大きな再開発が予定されており、さらに資産価値が高まることが予想されます。

特に、新宿駅周辺は複数路線があり、生活していく上で利便性が高いエリアです。西新宿は、中古マンションの価格が低下していない地域でもあるため、注目されているエリアの1つです。

リモートワーク向けの物件が人気

コロナ禍以降、人々の間では生活様式の変化が定着してきています。その影響からリモートワークを導入する企業が増えたり、住まいに対する意識の変化が見られたりしています。このような背景から、リモートワークに適した物件が根強い人気です。

投資用ワンルームマンションはいつ売却するのがベストか

国土交通省の調査によると、マンションの価格は上昇傾向にあり、戸建てと比較しても価格に大きな差があると言われています。また、コロナウイルスの流行により、人々の間で新しい生活様式が定着しつつあり、不動産の需要は今後ますます高まりを見せていくことでしょう。このようなことから考えて、2021年は売却に適した時期だと考えられます。

参照元:国土交通省 不動産価格指数(https://www.mlit.go.jp/common/001416477.pdf)

東京でワンルームマンションを高く売るためのポイント

東京でワンルームマンションを高く売るためのポイントをお届けしていきます。

空室を埋めてから売却を行う

投資用の物件を空室のまま売却すると、賃料を低めに見積りされてしまう可能性があります。投資用のマンションは、入居者が入っている状態だと高値で売れるため、空室はなるべく埋めてから売りに出すとよいでしょう。

金利が低い時がねらい目

ワンルームマンションの価格は、金利が低くなると高くなっていくと言われています。つまり、金利が低下しているタイミングで投資用の物件を売りに出すと、比較的高値で売ることが可能となるのです。金利に着目して、売却を行ってみましょう。

投資用物件を得意とする会社に依頼する

投資用の物件は、どこの不動産でも扱っているわけではありません。マイホームを売りに出すのと全く異なるためご注意ください。

売りに出す場合、投資物件を専門としている会社にお願いすることが大切です。そのような会社は、多くの投資家とのツテを持っており、売却をお願いすると、比較的早めに紹介してもらえる可能性があります

投資用の物件を専門としている企業に依頼すると、なるべく高値で早めに対応してもらえるため、売却を考えている場合、早めに専門の不動産を探しておきましょう。

ワンルームマンション売却Q&A

最後に、ワンルームマンション売却Q&Aをご紹介します。

投資用の物件を売る前にやっておくことはあるか?

投資用の物件を売ったり査定を受けたりする前に、相場をチェックしておくとよいでしょう。だいたいの相場を知っておくだけで、査定に出すときも安心でき、適正な売り出し価格を決められます。

急遽転勤が決まったため、なるべく早めに売りたい場合は?

急ぎたい事情がある場合は、買取がベスト。しかし「あまり安い価格で売りたくない…」という方は、一般媒介を検討してもよいでしょう。投資用の物件を専門としているプロへ相談してみることがおすすめです。

投資用の物件はリフォームしたほうがいい?

ワンルーム用は、室内の状態や立地、設備などが賃料に影響します。 そのため、劣化している箇所の修繕や汚れている部分のクリーニングを行った方がよいと考えられます。しかし、大きなリフォームは費用が高くなり、逆に損してしまうケースも。判断に迷う場合は、投資物件を専門にしているプロへ相談してみることがおすすめです。

ページの先頭へ
免責事項
当サイトは2013年6月時点の情報をもとに作成しています。画像や記載情報は公開時の引用元を記載しておりますが、現在では閲覧できなくなっている可能性がございます。情報の正確性について細心の注意を払っておりますが、最新の情報は各社HPをご確認ください。
必見!ワンルームマンション売却成功ガイド