ワンルームマンション売却成功ガイド » マンションを売りたい!おさえておくべき基礎知識 » 無料査定と有料査定の違いとは?

無料査定と有料査定の違いとは?

ワンルームマンションを売却する前に行う、無料査定と有料査定の違いやメリット・デメリットについて解説します。

無料査定とは?

ワンルームマンションを売却するためには、事前にどの程度の金額で売れるかを査定してもらう必要があります。査定は不動産会社によっては無料で依頼できる場合もあるのです。

ちなみに無料査定にも「簡易査定」と「訪問査定」の2種類があり、簡易査定はワンルームマンションの立地・回数といった条件データをもとに査定額を算出する方法で、訪問査定は実際に不動産会社が物件を訪れ、間取りや状態などを細かくチェックした上で査定額を算出します。

無料査定のメリット

ワンルームマンションの無料査定は、費用をかけずに手軽に査定を依頼できる点が魅力です。無料の査定を依頼するメリットは以下のようなものがあげられます。

  • ネットで簡単に査定依頼ができる
  • 簡易査定ならすぐに査定額を確認できる
  • 費用をかけずに複数社に査定依頼できる

無料査定の多くは、ワンルームマンションの大まかな条件を使って行われる簡易査定です。そのためネット上で査定額の確認ができることも多く、手軽さやスピーディさは随一。気軽に査定額をチェックできるため、複数の不動産会社を比較するときにも便利です。

無料査定のデメリット

安くて手軽な反面、無料査定には以下のようなデメリットも考えられます。

  • 訪問査定は期待できない
  • 査定額の精度は低い
  • 実際の査定額と大きな差が出ることがある

不動産会社が無料で行っている物件の査定は、多くが簡易査定です。実際に部屋を訪れて正確な査定額を出す訪問査定は、無料査定では期待できない可能性があります。仮に訪問査定が行われた場合でも、査定内容はあくまで簡易的なものになるでしょう。

無料査定は簡易的なもの、という前提があるため、実際に売却を決めた際の査定額とは大きな差が開くこともあります。費用がかからない分、参考程度の査定額しか期待できないのが無料査定のデメリットです。

有料査定とは?

不動産会社によっては、物件の査定を有料で行っている場合があります。有料で行われる査定は、「不動産鑑定士」と呼ばれる専門家に有料で依頼するもの。不動産鑑定士は国家資格であり、ハイレベルな知識を問われる試験をパスしなければ合格できません。

有料査定のメリット

ワンルームマンションを有料で査定する場合には、以下のようなメリットが挙げられます。

  • 専門家の観点から高い精度の査定額が産出される
  • 関係会社間での取引や遺産相続で役立つ
  • 税務署の対策資料になる

お金を払って専門家に査定を依頼するわけですから、精度の高い査定が期待できます。査定額と実際の売却価格とのギャップが大きく開きにくいため、本格的に売却計画が立てやすくなるでしょう。

また、税務署用の資料や遺産相続、裁判など公的な資料が求められる場合にも、有料査定を依頼すると有効な資料になるため頼りがいがあると言えます。

有料査定のデメリット

ワンルームマンションを有料で査定する場合には、以下のようなデメリットが挙げられます。

  • お金がかかる
  • 鑑定費用は事務所ごとに異なる
  • 安易に複数社に依頼できない
  • スケジュール調整が必要になる

有料で査定を依頼すると、当然ですが費用が増します。そのため無料査定のように、安易に複数の不動産会社に依頼することも難しくなるでしょう。また、鑑定費用は事務所が独自に定めているものですから、事務所や会社によって費用が異なります。

有料査定では専門の鑑定士がワンルームマンションを直接訪れるため、鑑定士と売り手との間でスケジュール調整も必要になります。また、査定にも時間がかかるため、スケジュール管理に少なからず影響を及ぼすでしょう。

査定時の注意点

有料査定でも無料査定でも同じことが言えますが、査定はあくまで査定であって、正確な売却価格ではありません。査定は参考程度にとどめておいて、不動産会社を選ぶ基準や、売却のためのリフォームの必要性を確認するヒントなどと捉えておきましょう。

ページの先頭へ
免責事項
当サイトは2013年6月時点の情報をもとに作成しています。画像や記載情報は公開時の引用元を記載しておりますが、現在では閲覧できなくなっている可能性がございます。情報の正確性について細心の注意を払っておりますが、最新の情報は各社HPをご確認ください。
必見!ワンルームマンション売却成功ガイド