ワンルームマンション売却成功ガイド » マンションを売りたい!おさえておくべき基礎知識 » 売却時に住み替えをする際の注意点

売却時に住み替えをする際の注意点

住み替え時に気を付けることとは?

マンションを住み替える際には、不動産の売却と購入の両方の取引が同時に必要となります。以下の点に注意しましょう。

売り先行・買い先行の違い

先に今住んでいるマンションを売却してしまう「売り先行」と、次に住む予定のマンションを先に購入する「買い先行」とでは、メリットもデメリットも異なります。

売り先行の場合には、売却活動にあてる時間に余裕ができることと、資金源をあらかじめ確保できる点がメリットです。資金が手元にある状態で住み替え先を探すことになりますから、金銭的リスクが低いのが特徴。ただし新居の購入タイミングがずれると、入居日までに仮住まいを探す必要も出てきます。

これに対して買い先行の場合には、納得のいくまで新居探しに時間をさける点がメリットです。仮住まいも必要になりません。ただし売却までにスケジュールが急になってしまうことや、新居の購入資金がないため旧居と新居の二重ローンを組む必要が出てくる点がデメリット。

住み替えに慣れていない人は、売り先行でスケジュールを立てるのがおすすめです。

売却時の不動産会社選び

旧居の売却価格が髙ければ高いほど、資金に余裕が出てきます。売却を任せる不動産会社選びは重要です。売却時には複数の不動産会社に査定を依頼し、対応や価格などを吟味して注意深く選びましょう。

住み替え先を要チェック

スケジュールに余裕がないからと言って、新居選びをおろそかにしないように注意が必要です。例えば住み替え先の物件が住宅ローン減税の適用外だった、耐震基準を満たしていなかった…など、新居に引っ越した後でリスクに気づくこともあります。

新居は価格や立地だけではなく、実際に住むことと購入することを想定して条件を確認しましょう。

売却の手順

旧居のマンションを売却する手順は以下の通りになります。

  1. 売却物件の相場を調べる
  2. 複数の不動産会社に査定を依頼する
  3. 不動産会社と媒介契約を結ぶ
  4. 売却活動を始める
  5. 買い手と売買契約を結ぶ
  6. 物件を引き渡す

不動産会社によっては物件の売却価格だけではなく、仲介手数料やアフターサービスの有無などが異なります。必ず複数社に査定を依頼するようにしましょう。

購入の手順

住み替え先の新居を購入する手順は以下の通りです。

  1. 物件を探す
  2. 物件を見学する
  3. 売買契約を結ぶ
  4. 住宅ローンを申し込む
  5. 引っ越し

物件探しのために、希望の立地や間取り、設備などの条件を明らかにしておきましょう。また、中古マンションであればすぐに入居できますが、新築マンションの場合には完成・引き渡しまでに1年以上かかることもあるため要注意。

おすすめの住み替えタイミングは?

マンションの住み替えが必要になるタイミングは人それぞれですが、決断するのであれば様々なライフイベントが節目としておすすめです。

例えば子どもが育って部屋数を増やしたい・住宅を広くしたいと感じたときや、逆に子どもが家を出て使わない部屋・空間が多くなったと感じたときなど…。また子どもの入学や親の転職などで、通勤・通学の利便性を考え直すタイミングでも、マンションの住み替えがおすすめです。

他にも家の老朽化や、新しい設備が欲しくなったタイミングでも、マンションの住み替えで生活のしやすさが向上します。

ページの先頭へ
免責事項
当サイトは2013年6月時点の情報をもとに作成しています。画像や記載情報は公開時の引用元を記載しておりますが、現在では閲覧できなくなっている可能性がございます。情報の正確性について細心の注意を払っておりますが、最新の情報は各社HPをご確認ください。
必見!ワンルームマンション売却成功ガイド