ワンルームマンション売却成功ガイド » マンションを売りたい!おさえておくべき基礎知識 » 居住しながらのマンション売却は可能?

居住しながらのマンション売却は可能?

居住しながらマンションを売却する際のメリット・デメリットについて詳しく解説します。

居住しながらでもマンションは売れる

マンションに居住しながら、そのマンションを売却することはできるのでしょうか?答えはイエスです。むしろマンションの場合は、空き家にしてから売却する人よりも、居住しながら売却する人のほうが多いと言われています。

ただし、空き家を売却する場合は不動産会社に鍵を預けるだけで良いのですが、居住しながら売却する場合は少々事情が異なります。具体的には購入希望者の「内覧」に関わる事情が、空き家と居住中のマンションとでは異なります。

居住しながらマンションを売却する際には、この「内覧」を軸にしたメリットとデメリットを理解しておく必要があります。

居住中マンションを売却することのメリット

居住中のマンションを売却する際、内覧希望者(=購入希望者)は、現住人(=売却希望者)と直接顔を合わせることになります。この直接の顔合わせによって、以下の3つのメリットが想定されます。

売却希望者にとって有利な条件での契約に結び付く可能性がある

内覧の際に、売却希望者が購入希望者に対して好印象を与えることができれば、マンションの価格が高く評価される可能性があります。いかに良質の物件であるかを伝えるための様々な準備をしておくと良いでしょう。

購入希望者は、現住人の人となりを知ることができる

購入希望者は、売却希望者が信頼に足る人物であるかどうかを直接知ることができます。不誠実な人よりも誠実な人から買い物をしたいとの考えは、日本人なら誰でも持つ感情です。

購入希望者は、実用に即した情報を得ることができる

間取りに基づいた便利な部屋の使い方、スーパーなどの買い物事情、近所付き合いの情報など、購入希望者は、居住していくうえでの具体的かつ実用的な情報を現住人から直接仕入れることができます。

居住中マンションを売却することのデメリット

居住中のマンションを売却する際のデメリットについても、2つほど見てみましょう。

内覧日時を決める手間がある

購入希望者と売却希望者の内覧日時を一致させるための手間がかかります。内覧なくしてマンションの売買は成立しないとは言え、居住者の留守中に内覧することはできません。内覧の日程調整が少々面倒ということは了解しておきましょう。

内覧向けの仕様にメンテナンスできない

空き家を売却する際には、購入希望者に実質以上に評価してもらえるよう、内覧向けの仕様にメンテナンスすることができます。しかしながら、居住中のマンションを売却する際には、どんなに綺麗にメンテナンスをしても、節々に現居住者の生活感が出てしまいます。この生活感が購入希望者に「使い古し」の印象を与え、実質以下に評価されてしまうことがあります。

 
ページの先頭へ
必見!ワンルームマンション売却成功ガイド