ワンルームマンション売却成功ガイド » マンションを売りたい!おさえておくべき基礎知識 » 引渡しまでの流れ

引渡しまでの流れ

ワンルームマンション売却の流れを、ステップごとにわかりやすく解説しています。

事前に売却までの流れをイメージ

物件相場をチェックして、売買価格の目安をたてる

売却すると決めたら、いくら程度で売れそうか売買価格の目安を立てます。まずは物件の周辺相場を調べてみましょう。

不動産会社を選択し、物件の査定を依頼する

不動産会社の情報を集め、依頼する不動産会社を選びます。ある程度目星がついたら複数社に物件の査定を依頼。

不動産会社と契約

不動産会社へ売買の仲介を正式に依頼する場合は、媒介契約を結びます。主な媒介契約の形態は専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約と3つありますが、自分の希望する売却方法などを踏まえて、どの形態で契約するか決定しましょう。

売り出し価格を決める

自分の希望売却価格だけではなく、不動産会社の査定価格や周辺の売却事例、市場の動向を踏まえて、慎重に決めましょう。

購入希望者との交渉

購入希望者が現れたら、売却条件を交渉します。ただ売却交渉は不動産会社によって仲介してもらえます。

物件情報の開示

契約締結後のトラブルを防止するためには、物件に不具合や欠陥などがある場合には、購入希望者に伝えなければいけません。不動産会社が仲介する場合は、「重要事項説明」という制度に基づく詳細な物件説明を行います。

売買契約

売買条件に合意したら、買い主と売買契約を結びます。この時一般的には物件価格の10~20%程度の手付金(契約金)を受け取ることになります。

不動産の引き渡し

売買代金を受領するのと同時に、登記申請(抵当権抹消、所有権の移転等)を行います。細かな設備・備品等の取り扱いなどについても、買い主と現地立ち会いを行った上で十分に確認しましょう。また、引き渡した後の税務申告などの手続きも、漏れのないよう気をつけてください。

 
ページの先頭へ
必見!ワンルームマンション売却成功ガイド