ワンルームマンション売却成功ガイド » マンションを売りたい!おさえておくべき基礎知識 » マンション売却に必要な諸費用

マンション売却に必要な諸費用

マンション売却に関する主な費用について、詳しく説明しています。

必要な費用一覧

印紙税

売買契約書作成時に必要です。印紙税は売買価格により決まります。例えば1千万円を超え5千万円以下の場合、印紙税は2万円です。 (平成25年4月現在) 。印紙税は契約書1通ごとに必要です。ただし多くの場合は、不動産業者が用意してもらえることが多いようです。

譲渡所得税

自宅マンションなどの不動産を売却した場合、税務署に申告する税金です。

譲渡所得税の計算方法

譲渡所得税は以下の式で計算することができます。
「譲渡額-取得費-譲渡費用-特別控除」この式により、利益が3,000万円以上の場合に税金が発生します。

※上記の式の各項目については以下のとおりです。

譲渡額 マンションの売却価格
取得費 マンションの購入価格(※建物部分は減価償却が必要)
譲渡費用 マンション売却時にかかった費用
特別控除 3,000万円の特別控除

税金がかからない場合もある

  • 購入時よりも安い金額でマンションを売却した場合
  • マンション売却時の利益が3,000万円以下の場合

以上2つの条件の場合、譲渡所得税は発生しません。

マンションを売却した際の利益が3,000万円以上の場合に掛かる税金なので、ワンルームマンションの売却ではあまり支払う事例がないのが現状のようです。ただ控除のことで、税務署に相談した方がいい場合もあります。担当する不動産会社に確認してみてください。

仲介手数料

仲介手数料は、あくまでも「成功報酬」なので、契約期限内購入者がいなかったり、購入希望者が見つかったとしても売買契約が設立しなければ仲介手数料を支払う必要はありません。

仲介手数料の金額は、一般的には「成約価格(売買が成立した価格)×3%+6万円と消費税」です。消費税抜きで考えても、2,2000万円で売却できると66万円の「仲介手数料」が掛かります。

ちなみに400万円以下の場合は以下のように税率がかわります。

  • 1~200万円の部分は売買金額の5%と消費税
  • 200万円~400万円の部分は売買金額の4%と消費税

司法書士費用

引渡しの際の書類作成費用や抵当権抹消や住所変更登記等にかかる費用になります。費用は地域で差がでますが5万円前後が相場のようです。

 
ページの先頭へ
必見!ワンルームマンション売却成功ガイド