ワンルームマンション売却成功ガイド » マンションを売りたい!おさえておくべき基礎知識 » マンション売却に必要な書類

マンション売却に必要な書類

マンション売却に関する主な書類について、詳しく説明しています。

必要な書類一覧

自宅マンション権利書

自宅マンション権利書とは、登記済証のことです。不動産の権利を法的に保護するとともに交付される書面になります。抵当権を設定したり、権利を移転したりするときに必要になるので、紛失している場合は司法書士に証明してもらう手続きをとりましょう。

実印(印鑑登録証明に登録した印鑑)

実印とは、住民登録をした市区町村の役場や役所に受理された印鑑になります。銀行印や認印とは、異なる印鑑になります。社会上、法律上の権利・義務の発生を伴い、マンション売却のような正式な契約の場面で必要になります。 

印鑑証明書

印鑑証明書とは、その登録された印鑑に信用力があることを証明する書面になります。信頼できる第3者が本人の印鑑の正当性を保証する重要度が高いものです。ちなみに3か月以内に発行されたものに限ります。

自宅マンション購入時の契約書

マンションに関する情報を示す際に重要な書類です。契約書類一式なくしたとなれば、取得費を収入金額の5%で計算することになるので、購入金額がそれ以上の方は損してしまうことになります。

税金に関る書類(固定資産税など)

課税者から納税者に交付される書類です。記載内容は、都市計画税の年税額や毎月支払う固定資産税などになります。

住宅ローン明細(毎月の支払額と残債がわかる書類)

ローンを借りている金融機関から発行されているものです。ただし、今後の住宅ローンの残債務額と毎月支払額が記載されているものでなければなりません。

毎月の維持費がわかる書類(管理費・修繕積立費・組合費など)

売却時に明示する重要事項の説明に必須です。マンションのあらゆる経費、例えば管理費や管理組合費、町内会費といった維持費が分かる書類を事前に集めておく必要があります。

身分証明書

本人確認が求められるので必要になります。

管理規約

マンションの管理会社から配布された資料です。専有部分の用途や共用部分の利用についてなどが記されており、不動産鑑定評価においても必要なものになります。

具体的には不動産会社から必要な書類について説明があると思います。直前に慌てることがないように、事前に準備しておきましょう。

 
ページの先頭へ
必見!ワンルームマンション売却成功ガイド