ワンルームマンション売却成功ガイド » ワンルームマンション売却のおすすめ仲介・買取会社一覧 » 東急リバブル

東急リバブル

東急リバブル_公式HP画像
*画像引用元:東急リバブル公式HP
(https://www.livable.co.jp/)

ワンルームマンション売却をサポートする、東急リバブルについて解説しています。

<別ページでワンルームマンション売却の仲介会社を徹底比較しています>
東急リバブルの順位は?>>

東急リバブルのワンルームマンション売却とは

不動産の取扱件数では圧倒的な数を誇る東急リバブル。昨年だけでも年間売買仲介取扱件数が1万6,000件以上あります(平成24年度実績)。

これも全国に129ある売買仲介ネットワークの賜物でしょう。東急リバブルでは、お客様への“信頼できるパートナー”を目指しているそう。そのための取り組みのひとつとして、営業担当者の宅建資格取得を推奨しているみたいですね。資格保有率は業界トップクラスの94%もあるそうです。

また今までの不動産仲介会社にない仕組み作りにも熱心に取り組んでいます。例えば既存住宅に1年間東急リバブルが瑕疵担保保証をします。これは売主さんからも評判で、累計の申し込み件数が今までに3,600 件を超えました。

顧客からの信頼を勝ち取るために、こうした取り組みをベースにして、ワンルームマンションをはじめとした不動産売却のエキスパートが、分かりやすく売却相談にのってくれると評判を集めています。

東急リバブルの売却事例・口コミ

売却事例1

  • エリア:東京都品川区
  • 物件種目:マンション
  • 築年月:平成15年12月
  • 構造:階数:鉄筋鉄骨コンクリート造・14階建
  • 専有面積:64.36m²(19.46坪)、バルコニー7.77m²、アルコーブ1.36m²
  • 間取りタイプ:1LD・K+S(納戸)

(売主コメント)
営業担当者が物件の良いところをしっかりと調査してくれ、しっかりとアピールしてもらえました。その自然で説得力のある説明が、買主の購買欲を惹きつけたと思っています。また自宅の評価額を客観的に理解できた点も良かったです。東急リバブルさんは、詳細なレポートを持ってきてくれました。特に近隣の売却成功事例が豊富でしたね。

売却事例2

  • エリア:東京都世田谷区
  • 物件種目:マンション
  • 築年月:昭和58年8月
  • 構造:階数:鉄筋コンクリート造・3階建
  • 専有面積:67.4m²(20.27坪)、テラス面積21m²、専用庭24m²
  • 間取りタイプ:2LDK

(売主コメント)
人生のステップアップを目指してマンションの売却を決意。仕事で忙しくなかなか時間がとれなかったのですが、しっかりとスケジュールを把握してくれて、効率的な営業活動をしてもらえました。さすがに売却に良い評判を持つ東急リバブルだけのことはありました。不安を感じる暇もないほどスピーディに売却でき、とっても感謝しています。

東急リバブルの良い評価の口コミ

最終的に仲介パートナーは東急になりました。提示額は他二社より300万程低い査定でしたが(泣) いわゆる「すぐに売れる物件の金額」です 担当さんも「うちは他社より査定は確かに安いです。でも確実に売れる金額しか出しません。」 正直な人だったのでお願いすることにしました。

管理人のコメント
コメントの方は、東急リバブルのほかにも、M社とS社に査定をお願いしたそう。結果、提示された価格がもっとも安い東急リバブルに決めたとのことでした。この趣旨の口コミは、ほかにも数件見られています。
なぜ一番安い東急リバブルが選ばれることがあるのかと言えば、この方の言うとおり「確実に売れる金額」だから。加えて「営業マンの人柄いいから」という口コミも散見されました。

東急さんは素晴らしい会社ですよ。田園都市線でずっと暮らしてますが、東急さんを悪く言う人はほとんでいませんよ。他社の方と思われる書き込みが多いですが、うちは東急さんに任せました。

管理人のコメント
田園都市線を始め、東急線沿線では、東急リバブルを悪く言う人はほとんどいません。東急リバブルにとって、東急沿線に住む方々は大切なお客様です。悪い対応をする営業マンは、本当にいないでしょう。
他の私鉄系沿線でも、同様の傾向が見られるはずです。東急線沿線にお住まいの方は、売却もぜひ東急リバブルにお願いしてみましょう。

色々な不動産屋と関わったけど、どこが良くて、どこが悪いとは一概に言えないかな。うちは最終的に東急から買ったけど、とてもいい担当者でした。でも、その前の東急の担当者は微妙でしたけどね。 三井、住友もいい人もいれば、悪い人もいる。運ですね。

管理人のコメント
不動産会社へのリアル口コミは、その会社がどこであろうと、悪い口コミが中心になります。まともに口コミを読んでいては、どこの不動産会社のお世話になることもできないでしょう。
こちらのコメントの方が言うとおり、結局は運。東急の中にもいい営業マンもいれば、微妙な営業マンもいます。三井も住友も同じこと。ひいては不動産業界ではなくとも、どの業界でも最終的には「会社」が選ばれるのではなく、「人」が選ばれるものです。

東急リバブルの悪い評価の口コミ

仲介をお願いし、売買契約もしくは仲介契約を結ぶと、 その後、微妙に、仕事内容を、はしょるようになりました。 メール、電話の返答は、ないこともあり、依頼事項はしてくれない、説明も最低限、その営業マンのペースで、できるだけ、仕事量を減らしているという印象です。

管理人のコメント
契約を交わした後に営業マンの仕事が雑になってきた、というコメントです。本当に仕事が雑になったのかどうかは分かりませんが、もし本当であれば、改めて欲しいものですね。
契約前は熱心でも、契約を交わした後に雑になる営業マンは、どの業界にもいます。もしかすると、コメントの方は運が悪かっただけなのかも知れません。

昔っから引きずってる古臭いプライドが有るのと、東急不動産から分離して出来た会社で渋谷でしか通用しない俺は偉いんだっていう意識が強いんだな、天狗って事、悪い事に本人たちはその自覚が無いんだな、昔の東急は良かったらしいが今は遅れちゃってしまったな、胡坐のかきすぎって事だ。

管理人のコメント
東急リバブルは胡坐(あぐら)のかきすぎ、との事ですが、かならずしも同じ趣旨の口コミが多いわけではありません。むしろ親の東急不動産の胡坐のかき方に対して、否定的な口コミが多く見られます。
そうとは言え、中小の仲介会社に比べれば、やや胡坐の傾向があるのかも知れません。気になるようであれば、担当営業マンの上司に相談をしましょう。

営業マンも新入社員の頃はそれなりに信念をもって望もうとするのです。それが、数々のお客様からの裏切りにあい少しずつ擦れていく。そうやって、客を信じる事のできない営業マンが生まれていくんです。まぁ、簡単に言えばこの業界、営業も最悪なら客も最悪って事ですね。

管理人のコメント
現役の不動産会社の方からの口コミです。お客さんの裏切りの蓄積の中で、お客さんを信用できない営業マンが生まれていく、という見解。他の業界でも多少は似たような傾向があるにしても、ここまで断言されるほど、その傾向は強くはありません。
東急リバブルへの悪い口コミの背景には、東急リバブルそのものではなく、不動産特有の業界文化があるのかも知れません。

口コミから見る会社の傾向

他の大手不動産会社と同じように、東急リバブルに関しても、良い口コミよりは悪い口コミのほうが目立ちました。先にも触れたとおり、これら悪い口コミをすべて真に受けていては売却が進みません。話半分に聞き、あとは個別で会社を尋ねて判断しましょう。

なかなか売れないような価格でお客さんに夢を見させて、その後、徐々に値を落としていく不動産会社に比べれば、初めから現実的な売却額を提示してくる東急リバブルの姿勢は、むしろ良心的だと感じます。

人柄の良い営業マンも多いようなので、大手での売却を検討中の方は、ぜひ候補の一つに入れておいて良いのではないでしょうか?

東急リバブルの会社概要

  • 本社所在地:東京都渋谷区道玄坂1-9-5
  • 設立:1972年3月10日
  • 宅地建物取引業免許番号:国土交通大臣(10)第2611号
  • 金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第1386号
  • 不動産鑑定業者登録:東京都知事登録(4)第1408号
  • 賃貸住宅管理業者登録:国土交通大臣(1)第683号
  • 加盟団体:一般社団法人不動産流通経営協会
    一般社団法人不動産協会
    公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会
    一般社団法人不動産証券化協会
    公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会
    一般社団法人日本投資顧問業協会
 
ページの先頭へ
必見!ワンルームマンション売却成功ガイド